主な痔の3つのタイプとまちがいやすい病気について

日本人の3人に1人が悩んでいると言われていますが、大きく分けて3つのタイプに分けられます。
ひとつめは痔核。
もっとも多いタイプです。
初期は出血が起こることが多いです。
お尻の血行が悪くなり、こぶ状になってしまっています。
ふたつめは裂肛です。
肛門の皮膚が切れたり裂けたりして、傷となってしまったものです。
一般的には切れ痔と知られています。
みっつめは痔ろうです。
このタイプは、肛門のまわりに膿がたまってしまっています。
腸が外に流れ出るトンネルのようなものができてしまい、発熱や痛みを伴います。
おしりから出血があっても、必ずしも痔だとは限りません。
間違いやすい病気として、直腸がんや直腸炎、肛門がんの可能性もあります。
いぼや脱出が起こった場合は、直腸脱や尖形コンジロームやスキンタッグ、大腸ポリープなども考えられます。
おしりのかゆみは、肛門周囲に湿疹ができているのかもしれません。
このようなお尻や肛門に症状が出たときは、自己判断による治療に踏み切らず、勇気を持って病院を受診することも大切なことです。