イボ痔の正体と改善のための有効な方法

痔とは、肛門に生じる病気のひとつです。
大きく分けて3つの種類があるのですが、その中でも特によくできるのが、イボ痔と呼ばれているものです。
これは、肛門の内側や外側にイボができてしまうというものです。
座っている時間が長かったり、便秘がちだったりする人は、お尻が圧迫され続けることで肛門の周辺の血行がだんだんと悪くなっていきます。
すると滞った血液が少しずつ蓄積して、膨らんでいきます。
この膨らみが、イボ痔の正体なのです。
排便しようとすると、便が肛門を通る際に、このイボが刺激されます。
血液が固まってできているイボですから、刺激されることで破れると、出血を起こすことになります。
また、破れたことで痛みも生じます。
しかし、血行不良が原因ですから、生活習慣を見直して血行を良くしていくことで、イボ痔は徐々に改善されていきます。
また、排便時にイボを刺激せずに済むように、水分を多く摂取して便を柔らかくすることも、治療には有効です。

痔・脱肛・直腸脱の症状にお悩みの方
外科・消化器外科の専門医

お家でお手軽天然水
ウォーターサーバーを取り付けてみませんか?

富士山の水が飲めるサーバーに替えたいなら
他社のウォーターサーバーを試している方、まずは、1本無料で試して、気に入ったらもう2本無料でもらっちゃいましょう。